着信音「すみれの花咲く頃」ならここ!
宝塚といえばこの曲!「すみれの花咲く頃」ですよね♪
もともとは、ウィーンの作曲家フランツ・デーレが1928年に作曲した
「Wenn der weisse Flieder wieder blüht(白いニワトコの花)」という曲で、
その後、パリで「リラの花咲く頃」という名前でシャンソンとして歌われていました。
当時宝塚歌劇団の演出をしていた白井鐵造氏がそれを耳にし、日本語の歌詞をつけて、
1930年上演の『パリ・ゼット』の主題歌として、宝塚歌劇団で初めて披露したのが始まりでした♪
『パリ・ゼット』に複数登場する、パリの流行歌の一つだったのです。
この「すみれの花咲く頃」の登場により、タカラジェンヌを象徴する花がすみれになり、
宝塚歌劇団の本拠地、兵庫県宝塚市の市花もすみれになりました!
宝塚歌劇団を象徴する歌はもうダウンロードしましたか?!
「すみれの花咲く頃」はこちらからダウンロード!